ー研究説明ー

*大変多くの方にご協力いただき、ありがとうございます
*多くのかたからご協力をいただきましたため、
現在は、インタビュー調査・体験談の記載ともに停止しております*


【調査の目的 】

日本では、自分が望まないのに性交された場合、された側は「性暴力」だと感じても、それを犯罪として認めてもらえないことが多くあり、問題となっています。どのような性交を「性暴力」とするべきか、専門家のあいだでも様々な意見があり、必ずしも当事者の実体験や心情にそった理解が進んでいないのが現状です。

本調査では、実際に望まない性交をされた経験のある方からの体験談を、書き込みとインタビューにより募集します。また、そのような経験のない方でも調査にご協力頂けます。皆さまの体験談をもとに、「性暴力」にあうということについて、またどのような性交を「性暴力」とするべきかについて、当事者の視点から理解し考えていくことが、本調査の目的です。

※性暴力被害においては、ジェンダー規範の影響を考える必要があるため本調査では、まず対象者を女性(性自認が女性である方)に絞らせて頂きました。今後、男性および多様なセクシュアリティを対象として調査を行っていく予定です※


【調査の方法】

調査は、以下の2つの方法を取りました。

1.書き込み

2.インタビュー 

【研究計画について】

本調査の詳細な研究計画については、以下のリンクをご参照ください。

〇性暴力の被害経験に関する調査計画